プロフェッショナルアカデミーは税理士や中小企業診断士、コンサルタントを対象にした“実践的な”勉強会です。

この勉強会は“実践的”であることに徹底的にこだわり、受講直後から皆様の事務所や支援先ですぐに使えるノウハウを丁寧に提供します。

 

例えば認定支援機関業務の花形ともいえる経営改善計画策定支援事業については、多くの中小企業・零細事業者の助けになるにもかかわらず、活用できる専門家の数が不足しています。

 

当アカデミーでも経営改善計画策定支援事業においては重点カリキュラムとして位置付けており、申請書の作成ポイントから経営改善計画、バンクミーティングの実務、費用申請までを丁寧に解説いたします。

 

専門家の力を必要とする中小企業・零細事業者を支援していく上で必要なノウハウを体系的に勉強していただくことで、皆様の顧問先や支援先に役立つコンサルティングの実務力を向上させることが可能です。

 

また、当アカデミーの講座を学ぶことで、高単価のコンサルティング契約を容易に獲得することもできます。

 

顧問先や支援先に真に役立つサービスを提供しながら、事務所売上を大幅に拡大できます。

この健全な成長サイクルが今後の事務所経営の拡大に役立つことを保証いたします。

 

 

  • 認定支援機関の実務ノウハウを身に付けたい
  • 経営改善計画策定支援事業を活用したい
  • ものづくり補助金の申請代行を新たに始めたい
  • 高単価の支援メニューを付け加えたい
  • 事務所売上を飛躍的に伸ばしたい
  • 他の事務所や先生と差別化したい
  • 新規顧客を開拓する方法が知りたい
  • 経営力向上計画などの申請書作成のノウハウを身に付けたい

経営改善計画策定支援事業経営力向上計画

1.京都府 飲食業 コンサルティングフィー 198万円(計画策定+モニタリング)

観光名所のすぐ隣に位置する人気の老舗料亭だが、経営管理体制が整備できていないままに老朽設備の改装と店舗の拡大を行い、費用を回収できず債務超過に陥っていた。また、経営者や従業員のサービス精神から利益を度外視した価格設定や過剰なサービスが行われており費用が膨らんでいた。さらに、売上アップのために旅行会社やクーポン会社と提携して集客を行っていたが、団体割引による薄利に加え、仲介会社への手数料の支払いによる利益率の悪化もあいまって、さらに資金を圧迫し大幅な債務超過となっていた。 現状分析により、固定費には大きな問題はなく、変動費の見直しによって大きな改善が見込めることが分かったため「経営改善計画策定支援事業」を活用して計画書を策定した。計画書を策定することで経営者に現状及び抜本的な意識改革について強く認識して頂くとともに、時代の流れに沿った売上アップの取り組み、収支管理方法について計画を立て、現在も実行している。

2.和歌山県 制服製造・卸売業 コンサルティングフィー 185万円(計画策定+モニタリング)

主に学生服や企業制服の製造卸業を100年以上にわたって営んでいたが、業界全体が衰退し売上が年々減少していた。しかし、従来のやり方を変えることができず更に業績が悪化し、資金の不足分を借入金でまかなう状態が続いたため資金繰りが困窮、事業継続が困難な状況に陥っていた。そこで経営改善計画策定支援事業を活用して事業再生に着手し、主要事業の収益改善に取り組む一方で、自社の強みを活かした中長期的な事業転換の方向性を検討した。 スピードを要する案件だったため、資金調達額に応じた返済計画を予め3パターン作成して金融機関からの合意をすぐに得られるよう工夫し、バンクミーティングを開催して既存債務の借換えによる元本返済の圧縮(毎月35万円の圧縮)と、長短合わせて3,000万円の資金調達を実現した。

3.大阪府 調剤薬局店 コンサルティングフィー 180万円(計画策定+モニタリング)

薬局のメインバンクからの依頼で経営改善支援の依頼を受けた。当社が財務状態を確認すると慢性的な赤字体質、大幅な債務超過、売上規模に対して過剰な債務により資金繰りが悪化していた。既存債務の見直しが必要となることから経営改善計画策定支援事業を活用し、事業者への費用負担を軽減させた上で・経営改善計画の策定に取り組みんだ。計4店舗の薬局があったことから経営者へのヒアリングに加え、店舗別分析を行い改善点を提案。財務状態が大きく棄損されていたので、まずは1カ年のリスケを要請しキャッシュフローの改善を図る方向で計画を作成。保証協会主催のサポート会議(バンクミーティング)を開催し、全金融機関の同意を取り付けた。

4.和歌山県 運送業 コンサルティングフィー 188万円(計画策定+モニタリング)

果物や魚介類をメインに輸送している事から季節変動が大きく収益が不安定であったことに加え、毎月の元本返済も負担になっていた。経営改善計画策定支援事業を活用し、資金調達を行った上で既存の債務の見直しを行う計画を策定した。本件においては売上規模に対して有利子負債額が大きいことに加え、現状の利益からでは毎月約2,000千円の元本返済は困難であることが明白で、本来ならば元本返済を棚上げ(0円に)して内部留保に努めたいケースであった。しかし、運送業は資金調達をしながら車両の代替投資をしていく必要があるので元本返済を棚上げすることによる最大のデメリットである資金調達が困難になることは回避すべきと判断した。そこで、保証協会の商品である「経営改善サポート保証」という事業再生・経営改善に特化した制度を使い、既存債務の返済期間を15年に伸ばし、同時に新規の融資も行うことに成功。

経営力向上計画

1.兵庫県 自動車販売業  コンサルティングフィー 7.5万円

年商100億円ほどの中堅企業であり、既に様々な融資制度を活用した資金調達を行っていた。経営陣より営業マンや事務員の人材育成・教育を一層強化していきたいという要望を受け「経営力向上計画」による計画策定と資金調達を提案した。企業の経理担当者と打ち合わせを重ね、人材育成における問題点や課題をヒアリング。経営力向上計画の大きなポイントである「生産性向上」をキーワードに計画を策定して申請を実施し、申請から2週間ほどで無事に認定を取得した。

2.大阪府 アパレル販売業 コンサルティングフィー 7.5万円

インターネットで独自ブランドの婦人服・服飾雑貨を販売しており、業績が好調なため実店舗の展開を進めていた。店舗設備、従業員の確保・育成のための資金調達を行うにあたって経営者、メイン銀行の担当者とお打ち合わせを行い「経営力向上計画」を活用した別枠融資による資金調達を行うことにした。経済産業局の指針に従って要点を抑えた計画書をスピーディーに作成し、当初予定よりも前倒しで申請手続きを完了。認定まで約30日程を要する制度だが、認定取得後にスムーズに融資が実行されるよう金融機関との段取りを進め、認定取得後すぐに資金調達を実行した。

3.兵庫県 自動車ディーラー業 コンサルティングフィー 7.5万円

経営力向上計画を取得し、営業マンや事務員の生産性を高める計画を作成したいとのご要望だった。当社の担当コンサルタントが現場調査とヒアリングを行い対応した。経理責任者と打ち合わせを重ね、営業マンや事務の仕事の生産性が上がる仕組みを検討。また、売上拡大を見据え設備の購入や人事制度の導入なども盛り込み、2週間ほどで取得することができた。

4.大阪府 建築業 コンサルティングフィー 7.5万円

経営力向上計画を取得し、生産性を高めるための設備投資を行いたい。当社の担当コンサルタントがヒアリングを行い、申請書を作成した。3週間ほどで申請が受理されたとの連絡を受け。今後は計画に従って資金調達や設備の購入を支援させていただきます。

ものづくり補助金

1.京都府 金属製品製造業 コンサルティングフィー 68万円(着手金+成功報酬)

金属部品の精密加工を行っている小規模事業者で、設備メーカーの担当者を経由して依頼を受けた。過去にものづくり補助金の採択を受けたことがある企業だったため、早い段階から申請計画書の策定に着手した。平成29年度補正ものづくり補助金においては「生産性の向上」が非常に重要なポイントだったため、経営者と何度も電話やメールでの打ち合わせを重ねた。また、ひとつひとつの文言についても表現の仕方や記載方法に気を配り、出来る限り図や写真、表を使って、審査員に視覚的に設備導入による効果を伝えられる計画書を作成。一次公募で無事に採択を受けることができ、設備投資金額の3分の2の補助金を受けられることとなった。

2.福岡県 ギフト用品販売業  コンサルティングフィー 70万円(着手金+成功報酬)

主に冠婚葬祭におけるギフト用品の販売を行う個人事業主より電話問い合わせを頂いた。メーカーによる直接販売の増加や顧客ニーズの変化、運賃等の上昇など外部環境が大きく変化している中、設備投資を行って新事業に取り組みたいとの要望を受けた。遠方のため電話とメールを通じて打ち合わせを行い、新事業に取り組む経緯と必要な費用、期待される効果等を丁寧に整理しながら事業計画書を作成。平成29年度補正ものづくり補助金において審査時に加点対象となる「経営力向上計画」「先端設備等導入計画」の取得もあわせて行い、二次公募で採択されて設備投資金額の3分の2の補助金を受けられることとなった。

3.兵庫県 金型製造業 コンサルティングフィー 120万円(着手金+成功報酬)

自動車部品や白物家電の製造時に必要な金型を製造している中小メーカーで、高精度の測定機と新素材に対応できる射出成型機の導入を検討していたため、ものづくり補助金の申請を当社に依頼。現地調査とヒアリングを経て、申請書を作成し上限の1,000万円が無事に採択された。

4.京都府 建設資材レンタル業 コンサルティングフィー 120万円(着手金+成功報酬)

主に建設資材である足場のレンタルを行っている中堅規模の企業からの依頼であった。足場の自動洗浄を行う設備の導入を検討していたため、ものづくり補助金の申請を当社に依頼。現地調査とヒアリングを経て、申請書を作成し、上限の1,000万円が無事に採択された。

5.奈良県 金属加工業 コンサルティングフィー 58万円(着手金+成功報酬)

高精度の金属部品の精密加工を行っている小規模事業者で、設備メーカーの担当者を経由して依頼を受けた。高精度の測定機を導入し、より微細な加工を短時間で検品する仕組みを構築したいとのことで、当社にものづくり補助金の申請を依頼。現地調査とヒアリングを経て、申請書を作成し、申請額の400万円が無事に採択された。

特典1.各講座で使用したオリジナルの雛形をデータでプレゼント

当社で実際に作成した経営改善計画書や資金繰り表、予実管理表のサンプル、採択されたものづくり補助金の申請書と不採択だった申請書など、最前線で活用できる資料がデータで手に入ります。

士業同士の連携が充実

勉強会では参加者同士の自己紹介や名刺交換の時間を設けています。またグループワークも多くなることから同じ悩みや志を持った仲間が増え、情報交換や得意分野の相互補完など今後の事務所経営に役立つ人脈を構築することができます。

無料メール相談

勉強会の参加日から6か月間に限りメール相談が無料。どれだけ勉強しても個別案件ですので疑問や不安がつきものです。そこで、当社代表の長尾に直接メールで相談をすることで実際の対応方法をその都度確認することができます。

 

まだ、認定支援機関に登録が済んでいないのですが受講は可能でしょうか?

はい、大丈夫です。認定支援機関はもちろん、コンサルティングに関わる多くの方に受講していただきたいと考えていますのでご安心ください。

講座で学んだ後に疑問や不明な事も出てくると思いますがどうすれば良いですか?

経営コンサルティングはケースバイケースですので必ずと言って良いほどその企業独自の問題や検討事項があります。経験を積めばそれも対応できるのですが、最初は判断がつかないことがあると思います。受講者の方にはいつでもメール相談ができる制度を設けていますので不測の事態にも安心していただければと思います

ものづくり補助金の申請業務を始めたいのですが、初心者でも申請ができるノウハウが身に付くのでしょうか?

はい、身に付きます。ものづくり補助金の基礎知識から申請書類の作成方法、手続きにおけるポイントなど、申請業務において必要な内容を網羅したカリキュラムをご用意しております。また、実際に当社が使用している資料の雛形もご紹介させていただきます。

キャンセルした場合、返金してもらえますか?

基本的にキャンセルはお受けしていませんが、やむを得ない事情がある場合は対応させていただきます。個別にご相談ください。

領収書は発行していただけますか?

はい、ご希望であれば発行します。事務所名もしくは個人名宛で発行させていただきます。

勉強会はどのような流れで行うのですか?

プロフェッショナルアカデミー専用テキストを活用しながら、ポイントを解説していきます。質問は随時行っていただきその場で疑問点を解消していただきます。

勉強会はどこで開催されるのですか?

大阪、東京、名古屋、広島、福岡で開催予定ですが、随時開催地を拡大していく予定です。

講座名 会場 日時 定員 お申込み 締切日 価格 お申込み
経営改善計画策定支援事業の実務 東京 2018年12月1日(土) 20名 2018年
11月25日
64,800円 終了
経営改善計画策定支援事業の実務 大阪 2018年2月2日(土) 20名 2019年
1月25日
64,800円 終了
今更聞けない!
はじめての「ものづくり補助金」
大阪 2019年3月 30名 未定 未定 詳細が決まり次第ご案内
経営改善計画策定支援事業の実務 名古屋 未定 20名 未定 未定 詳細が決まり次第ご案内
経営改善計画策定支援事業の実務 広島 未定 20名 未定 未定 詳細が決まり次第ご案内
経営改善計画策定支援事業の実務 福岡 未定 20名 未定 未定 詳細が決まり次第ご案内
赤字会社のコンサルティング(基本) 東京 未定 30名 未定 未定 詳細が決まり次第ご案内
赤字会社のコンサルティング(基本) 大阪 未定 30名 未定 未定 詳細が決まり次第ご案内
赤字会社のコンサルティング(基本) 名古屋 未定 30名 未定 未定 詳細が決まり次第ご案内
赤字会社のコンサルティング(基本) 広島 未定 30名 未定 未定 詳細が決まり次第ご案内
赤字会社のコンサルティング(基本) 福岡 未定 30名 未定 未定 詳細が決まり次第ご案内

馬場 拓 様(中小企業診断士)

 

いつも当社主催の勉強会にご参加いただきありがとうございます。馬場様は既にご自身の活動エリアで圧倒的な知名度を有しており、全国で活躍されている診断士の先生ですが謙虚に学ばれている姿勢は私どもも見習わなくてはなりません。当社の経営改善計画策定に活用する雛形をご希望とのことでしたので送付いたします。今後ともよろしくお願いいたします。

里見 義久 様 民間資格

ご自身の活動の中で資金繰り改善や資金調達の支援を行っているとのことでしたので、今後は経営改善計画策定支援事業を活用して支援先の企業様のお力になっていただければ幸いです。また、本日の勉強会の音声や動画を公開してほしいとのことでしたので、DVDとテキストに勉強会の内容をまとめる方向で調整しています。もうしばらくお待ちください。今後は「ものづくり補助金」「士業事務所の集客方法」についての勉強会をご希望とのことですが、こちらについては2019年から随時開講していきます。今後ともよろしくお願いいたします

O・M 様 税理士・行政書士

認定支援機関としての経験があまりなかったとのことでご参加いただきました。当勉強会で経営改善計画策定支援事業の全体像やノウハウを掴めたとのことなので、支援先にに少しずつ提案していただければと思います。申請書の作成やバンクミーティングは経験があればスムーズに事が進むのですが誰でも最初は自信がないものです。ご不明な点があれば何でもご相談ください。今後ともよろしくお願いいたします

匿名希望 様

認定支援機関になったばかりだという事ですので、当勉強会の開催のタイミングがご自身にとってグッドタイミングであったとのことです。申請書の書き方や計画の作成方法が具体的で分かり易く、資料が充実しているとの評価をいただきありがとうございます。今後も、受講者の皆様に満足いただける勉強会を開催していきますので今後ともよろしくお願いいたします

匿名希望 様

バンクミーティングを行ったことがないため少し不安だという感想を頂戴しましたが、まずは勉強会での内容を実行に移してみようお考えのようですので一度頑張ってみてください。バンクミーティングでは計画の内容を説明し、質疑応答を行うだけです。時々、即答できない質問を受ける時もありますがそれは普通のことですので、後日回答すれば良いかと思います。まずは、実践あるのみです。ご不明な点や不安等があればいつでもご連絡ください。今後ともよろしくお願いいたします

匿名希望 様

 

 

経営改善計画策定支援事業のほかにも士業事務所の新規開拓営業の方法や売上の向上にもご興味があるとのことでした。2019年以降はそのようなテーマの勉強会も随時開催していきますのでご期待ください。会場が少し暑かったとのご意見もいただきました。空調設備の調整が難しい会場でしたので、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。空調や音響についても、快適な状態を常に意識していきます。今後ともよろしくお願いいたします。

A・F様(中小企業診断士・MBA)

 

この方は若くして中小企業診断士・MBAを取得しており、現在は税理士法人にお勤めになっています。今後、所属する事務所がが経営改善計画の作成に注力していくため今回の勉強会にご参加いただきました。経営改善計画策定支援事業はお客様にも提案しやすい内容となっていますので今日学ばれたことを是非活用していただければと思います。今後とも宜しくお願い申し上げます。

橘 信吉 様(認定支援機関)

 

いつも当社の勉強会にご参加いただきありがとうございます。計画内容が見やすく資料が立派とのお声をいただきました。ありがとうございます。お伝えしたいことが盛りだくさんのコンテンツでどうしても早口になりがちですが、今後はゆとりをもった進行を心がけます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 K・M 様(中小企業診断士)

 

いつも当社の勉強会にご参加いただきありがとうございます。この方は赤字企業の経営改善の施策についてご興味を持たれており、勉強熱心な中小企業診断士の先生です。今後は赤字企業の経営改善支援に関する勉強会も開催していく予定です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

T・I 様(中小企業診断士)

 

既に経営改善計画策定支援事業については数多くの実績をお持ちの中小企業診断士の先生ですが、さらに知見を深めたいとのことで今回の勉強会にご参加いただきました。これまでご自身がやってきたことと異なる部分もあり新しい発見になったとのことでした。今後は顧客の獲得方法についての勉強会を企画してほしいとのご要望でしたのですぐにコンテンツ作成に取り掛かります。今後とも宜しくお願い申し上げます。

運営者 株式会社フラッグシップ経営|経営革新等支援機関
代表取締役 長尾康行(中小企業診断士・ターンアラウンドマネージャー)
住所 〒550-0005 大阪市西区西本町1-8-2 三晃ビル2階
TEL 0120-34-8776
FAX 06-7635-8214
Mail info@flagship-keiei.co.jp
業務内容 ・経営改善・事業再生のコンサルティング。
・資金調達
・補助金・各種認定の申請書作成
・人事制度の作成
・士業向け勉強会の企画と運営

担当:経営改善・事業再生関連

長尾康行(ナガオヤスユキ)

1978年4月6日生まれ。

関西大学商学部卒 兵庫県立大学大学院経営研究科経営学修士(MBA)卒

中小企業診断士・(独)中小企業基盤整備機構 高度化事業専門アドバイザー

 

2009年に株式会社フラッグシップ経営の前身となる長尾経営事務所を設立。中小企業・小規模事業者に寄り添いながら事業再生・経営改善支援を主に手掛ける。MBA取得の過程や診断士試験で身に付けたアカデミックな知識と独立以来の圧倒的な支援実績で得たノウハウを武器に年間250件のアポイントをこなすため日本全国を飛び回る。

【書籍名】成功する士業・失敗する士業 事務所経営を成功させる少しのコツと心構え

【著者】長尾 康行

【出版社】ギャラクシーブックス

【発売日】2018/6/10

【価格】¥1,620

【内容紹介】

資格を取得した士業でも仕事を獲得するのが難しい時代。その時代に「カネなし」「コネなし」の状況でいかにして事業を軌道に乗せ、成功を掴んだのかを赤裸々にお伝えします。「資格取得者+経営者」になり人生を豊かにするための考え方やノウハウを凝縮しており、独立を目指す士業、苦戦中の独立士業必読の一冊。

【販売ページ】詳細はこちらをクリック

担当:補助金・各種認定書類

住吉いずみ(スミヨシイズミ)

1990年12月26日生まれ。関西学院大学法学部卒。

日商簿記2級 ビジネスマネージャー

 

大学卒業後は大手監査法人グループのコンサルティング会社に入社し、中堅・中小企業を対象とした人材育成サービスの拡充に従事。その後、大手人材会社に転職して求人広告の営業職を経験。いずれにおいても中小企業・小規模事業者の「ヒト」における問題の深刻さを目の当たりにする。
経営者と従業員のおもいがひとつになる為のサポートをしたいという熱意を持ち、経営者の目線と従業員の目線との双方で考えながら、人事考課制度の構築や経営改善計画の作成、補助金申請支援を主とした経営支援を行っている。
趣味は手芸、ハンドメイド、読書、飲食店めぐり。「プラス思考」がモットー。